鉄なブログ

latea.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 09日

蒸機の加工(先台車)

三連休でしたが晴天ながら暴風吹きまくりで参りました。おかげさまで、当レイアウトのお掃除がはかどり、スケールスピードでの運行が可能になりました。レールクリーニングだけでなく、ほこり取りも重要なようですね。(^^ゞ
当レイアウトは手が届かないところが多いので、クリーニングカーはホントに重宝いたします。
さて、掃除もすんだことだしと、いつものように「試験走行」にいそしんだのでありますが、Katoの蒸機に限らずマイクロでも脱線多発するモノ(C59戦前型)が見受けられました。
そこで、ふと思いついて先台車にカプラースプリングを仕込んで見たら・・・フルスロットルで爆走しても全然オッケー!になりました。ついでにとKato(パレオエクスプレス)にも仕込んでみたところ、こちらはスプリングが長すぎるようで、第一動輪が浮きました・・・(;O;)
とりあえずトライアルなので、もう少し他の機種でも試行してみてから詳細を写真入りでご紹介したいと思います。
基本的には先台車枠のセンターに両面テープを貼り、カプラースプリングを垂直に付ける・・・というお手軽加工です。スプリングは左右シリンダに隠れて見えませんので、塗装もいりません。
[PR]

by latea2 | 2006-10-09 17:53 | 模型


<< Kato蒸機の再生産      レイアウトのメンテナンスについて >>