鉄なブログ

latea.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 16日

Hornbyターンテーブル+Digitrax AR1

b0017859_16502239.jpg

ある方のブログを拝見していましたら、俄然気になったのがこのHornbyの電動ターンテーブル。価格は1万円を切っており、構造もシンプル。Tomix(Nですけど)を三台導入してすべて不調のボクとしては飛びつきました。
b0017859_1650598.jpg

DCC化も至ってシンプルでターンテーブル上のレール両端の集電端子を外すのみ。
b0017859_16494267.jpg

外し方はHornbyの公式サイトに記載されており、その手順に従ってモノの10分もかからずに完了。
b0017859_16492227.jpg

裏返してみると、ターンテーブル上のレールに配電するケーブルも簡単に外れます。
b0017859_1649578.jpg

駆動部からは直接ケーブルが出ており、DCパワーパックで直接回転させられます。もちろんデコーダをかませてDCC化も可能。
b0017859_16485699.jpg

ユニトラックとの接続もそれほどの段差はなく直置きでもいけそう。ちなみにジョイントは手持ちのファイントラックN用が使えました。
b0017859_16484783.jpg

こちらはDigitraxのAR1オートリバースコントローラ。外周線とターンテーブルレールにパラで配線するだけでOKだそうです。とりあえずテストができたら動画をアップします。
おっきなC56にデコーダ組込は完了したと思ったのですが、テストしたらサウンドのみで動かず。またバラさなければならなくなったのでこちらを先にやっつけます。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
[PR]

by latea2 | 2013-05-16 16:50 | レイアウト


<< Hornbyターンテーブル+D...      おっきなC56にデコーダを組み込む >>